コンテンツ

じわじわ水漏れでも放置せず早めの修理を

蛇口のあたりからじわじわ水漏れが起きているケースは珍しくありません。中には、少しだけだからそのままにしていてもいいだろうとと思って放置してしまう人もいるようです。しかし少量であっても症状をそのまま放置していると、被害が拡大する恐れがあります。じわじわ蛇口からの水漏れを放置した場合、発生しうる2次被害について紹介します。

■床材に悪影響を与える

水漏れが起きると、発生個所周辺に湿気が高まります。湿気の高い状態が続くと、木材の劣化が進んでしまいます。日本家屋の場合、木造住宅が多いです。床材などの劣化が進み、腐食などを起こすと床がたわんだり、状況によっては穴が開いてしまったりする恐れもあります。さらに床材に使われている接着剤の劣化も進む恐れがあります。その結果、くっつけている板同士がはがれてしまって、浮き上がることもあり得ます。このようになると、床を新しく張り替えるなどのリフォームが必要です。

■漏電を引き起こす恐れも

水回りには、いろいろな家電製品を置いている方も多いでしょう。キッチンの調理器具や洗面所の電動シェーバーやドライヤーが考えられます。もしじわじわ水漏れが発生していて、このような電化製品のコードを濡らしてしまった場合、絶縁不良を起こす可能性があります。その結果、その家電製品そのものが故障してしまう恐れも出てきます。そうなると、修理や買い替えが必要となります。漏電した家電を使い続けるのは危険です。また本来必要な電力が漏電によって逃げ出しているわけで、電気料金も余計にかかってしまいます。

■まとめ
水漏れがじわじわ起こっている場合、一見するとさほど日常生活に影響がないような感じもするかもしれません。しかし二次災害が発生する可能性があり、これが大きな問題になることもあります。もし水漏れに気が付いたのであれば、速やかに業者に相談して修理をしたり、蛇口 交換したりすることを検討すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ